2007年8月21日 (火)

太湖

中華街大通りには、いくつかの中華菓子を販売するお店が集まっています。
今回(8月18日)、『太湖』を訪れたのは、お目当ての中華菓子を購入するため。

『椰子牛奶酥(1個:189円)』

Dscf0857

何層にも重ねられたパイ生地に、ココナッツ餡が挟まれ、クルクルと巻かれているので、中華菓子のミルフィーユみたいな感じですね。

Dscf0858

切ってみると、中はこんな感じ。
パイ生地にはラードが使われているので、シットリとしている。
中に挟まれているココナッツ餡は、香りが良く甘さ控えめなので、個人的には、コーヒーや紅茶よりも、中国茶のお供に最適だと思います。

一品だけの購入では、ちょっと恥ずかしかったので、他に気になった商品を購入してみました。
『開口笑(1個:126円)』

Dscf0855
見た目は、沖縄の『サンダーアーギー』に似ている。
中華ドーナッツなのだろうか?
揚げてあるので、表面に付いている白ゴマの、こうばしい香りが楽しめる。
食べてみると、細かくクラッシュされたクルミが、生地の中に混ぜ込まれている。
ラードは使われておらず、小麦粉・砂糖・タマゴ・バターのシンプルな生地。
甘さは控えめで丁度良いのだが、若干パサパサ系の食感なので、お茶のお供に向いています。

住所:横浜市中区山下町154(中華街大通り)
電話番号:045-681-3872
営業時間: 10:00~21:30土10:00~22:00
定休日: 元旦のみ休
URL:横浜チャイナタウン(太湖)

| | コメント (2)

2007年8月20日 (月)

翠香園(菓子部)②

本日(8月18日)、横浜中華街の市場通りにある『翠香園(菓子部)』に立ち寄ってみました。

前回、売切れで購入できなかった「椰達(イエター)ココナッツカスタードパイ」が、偶然にも焼き上がった時間らしく、店頭販売されていたのだ。

「オオ~ッ!これが、有名な『椰達(イエター)』ですね!お姉さん、2個下さい!」
と、大興奮で店頭のお姉さんに話しかける。

テレビでも紹介され、焼きあがるとすぐに売切れてしまうという大人気商品なのです。4回目に、ようやくゲットする事ができましたよ~。

『椰達(イエター)ココナッツカスタードパイ:1個160円』

Dscf0909

甘いカスタードの香りと、ココナッツの香りが合わさり、なんとも言えないメルヘンな香りですよ~♪

Dscf0910

半分に割ってみると、こんな感じです。

パイ生地には、ラードが使用されていて、サクッと軽い食感。

中の生地は、ココナッツが混ぜ込まれている。タマゴが多く使われているせいか、シットリプワプワの焼き上がり。

少し、甘めに仕上がっているので、お茶の時間に良いかも。

メルヘンな香りが、なんとも言えない。夢見心地のスィーツですよ♪

住所:横浜市中区山下町148(市場通り)
電話番号:045-661-1266
営業時間: 10:00~21:00
定休日:月曜日

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

頂好食品

横浜中華街で、いつも気になっていた中華菓子のお店。
お菓子は好きだけれども、甘すぎるのは苦手なので、いつも購入を迷っていた。

『Caさんのオイシイもん!.エッセイ The Third』で紹介されていた『ココナッツ団子』の記事を見て以来、「今度、中華街を訪れたら絶対に購入!」と思っていたのだ。

本日(8月18日)、立ち寄ったお店は、市場通りと関帝廟通りの交わった角にある『頂好食品』
店頭には、中華菓子の他にもシューマイやチマキ等、数多く並んでいる。

ココナッツとマンゴーのお菓子には目が無いワタクシ。
美味しそうな中華菓子の中から、ココナッツのお菓子を2品購入してみました。

『ココナッツ団子(1パック5個入り)500円』

Dscf0906

ふんわりと柔らかい団子生地の表面は、ココナッツパウダーで覆われている。
中を割ってみると、しっとりした黄身餡が出てくる。
一口、食べてみると、団子生地も黄身餡も甘さが控えめ。
黄身餡の中にもココナッツパウダーが混ぜ込んで有り、餡の水分を吸い込んだココナッツの不思議な食感が楽しめる。

当日に食べるのが一番オイシイのだが、翌日でも、軟らかさと風味は変わらない。
ただ、冷蔵庫に入れてしまうと、団子生地が固くなってしまい、ゴモゴモして美味しさ半減。レンジでチン!してみても、風味がダウンしてしまうので注意が必要だ。
くれぐれも、冷蔵庫には入れずに、当日か翌日中には食べきるようにしましょう。

『ココナッツパイ(1パック2個入り)300円』

Dscf0903

パイ生地は、中華菓子特有のラードの香りがしない。使われていないか、少量しか使っていないのだろうか?
だが、このパイ生地には少しバターが使われているようだ。

「中華菓子は、ラードの香りが苦手で・・・」という方でも、コレなら大丈夫!

Dscf0907

中を割ると、黄色くシットリとした餡が出てくる。タマゴ・ミルク・小麦粉に、ココナッツロングが多く混ぜ込まれている。

程良い甘さと、ココナッツの食感と香りが、なんとも絶妙なのである。

当日に食べるのがオススメですが、シットリがお好きな方は、翌日でも良いかも。

どちらのお菓子も、ココナッツの香りと食感が楽しめる逸品!

住所:横浜市中区山下町192(市場通りと関帝廟通りの交わった角店)
TEL:045-681-8330
営業時間: 10:00~21:00
定休日:不定休

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

上海料理 萬来亭

某グルメ番組でも取り上げられ、そのボリュームを見てから、行きたくて仕方が無かった『萬来亭』。

過去、中華街に数回訪れた際、探したけど場所がいまいち特定できずにいたのだ。
今回、『梅蘭』のさらに奥に店があると教えてもらい、念願叶って訪れる事ができました。

Image106 Image107

到着時間が2時を少し回ったところ。
店内に入ると、ピークは過ぎて落ち着いていた。

注文を終えて、出来上がりを待っている間、あるお客さんが来店した。

どこかで、見た顔。
・・・以前、勤めていたクリニックの患者さん?・・・いや、違う!
メガネをかけてカモフラージュしているけど、やっぱり!

『オォォォォ~ッ!某テレビ局の女性アナウンサーさんではありませんかぁっ!実物のほうが、めっこいのぉ~♪(めっこい:庄内弁でカワイイの意味)』

と、表面では冷静さを保ちつつ、心の中では思いっきり動揺しちゃいました。
周囲のお客さん達も、気が付いていないみたいだし、某女性アナウンサーさんも、プライベートで来られているので、邪魔をしないように、黙って(でも、さりげなくチラッと窺い見たけど)食事を楽しみました。
でも、某女性アナウンサーさんが帰られた後、店内は大騒ぎ!
皆さん、知っていたけど、邪魔をしないように黙っていたのですね(笑)

注文したのは下記の3品。
量が多くなければ『Caさんのオイシイもん!.エッセイ The Third』の中で紹介されていた『拌麺と水餃子』も注文したかったのだが、「お客さん2人では量多いです」との事だったので、今回は断念。
拌麺が終わらないうちに、もう一度訪れるとしよう。

Image104 Image105

写真左:【上海焼きそば680円】
極太麺は、プリッ・モチッ!とした食感。
噛みごたえバツグンの麺を楽しむ焼きそばカモ・・・。
具材は、青菜と細切り肉。コクのある甘辛いタレが癖になりそう!

写真右:【海鮮平麺炒め980円】
具材は、白菜・青菜・エビ・イカ・ホタテ。
平打ち麺は、どこかで食べた食感だなと思ったら、【名古屋名産のきしめん】?はたまた【平打ちパスタ】?に似ているカモ・・・。
太くて平打ちの麺は、具材の旨味とコクのあるタレを、良い感じに吸い込んでいる。
アッサリとした塩加減と、海鮮のプリプリ感が、たまらなく好吃!

Image103












【麻婆豆腐940円】

隣席の方が食べていたのを見て、あまりにも、美味しそうだったので、注文してしまった。
もう、隣席から漂ってくる、スパイスの刺激ある香りがたまらなく、我慢ができなかったのだ。
運ばれてくると、周囲にスパイスの香りが広がる。
もう、「香りからして辛そう!」と思い、覚悟して一口食べると、テンメンジャン・豆板醤・中国山椒のスパイス群の甘辛さがサラ~ッと、通り抜けて行く。
「なんだ、あまり辛くないのねぇ」と思っていると、後からジワジワと赤唐辛子の辛さが襲ってくるのだ。
豆腐は、大きく角切りにされていて、崩れにくい、固めの豆腐を使用している。
味は濃いめなので、ライスが欲しくなってしまう。
ウマイ!だが、単品で食べると、水を求めてしまう麻婆豆腐だ。

住所:横浜市中区山下町126
電話番号:045-664-0767
定休日:木曜日
営業時間:
平日11:30~14:30/17:00~21:30(LO21:30)
   (ランチタイム11:30~14:30)
土曜・日・祝11:30~21:30(LO21:30)
URL:横浜チャイナタウン(萬来亭)

| | コメント (2)

菜香(大通り売店)

ひそかに、『本日は10000歩を目指す!』という目標を持って、お昼から中華街をグルグル歩き回っていました。
お昼に、あれだけ食べたんだから、その分は歩いて消費しないと!

【萬来亭】にも行ったし、【手相】も見てもらったし、【お香】も買い込んだし、食べてみたかった【中華菓子】も買ったし、目的の【10000歩】達成したし~。・・・さて、どうしようか?

「さすがに、ちょっと喉が渇いたかも」と思い、いつものお店に向かう。

中華街大通りにある【菜香(大通り売店)】の店内奥部分には、イートインコーナーがあります。席数は9席(カウンター席とテーブル席)だけですが、意外と穴場なので、ゆったりと休めます。おトイレ(店内奥にある)も清潔に保たれています。

Image110 Image111

ここでは、セルフサービスなので、
①最初にお金を支払う。
②レシートをカウンターに置く。
③お水(レモン水)とグラスは、カウンターの上にあります。
④席に着いて待つ。
⑤呼ばれたら取りに行く。
⑥帰る時は、座席を整えて空いた食器類をカウンターに持って行く。
という流れになっています。

Image108 Image109

注文したのは、この2品。
写真左(左側):【アイスサンザシドリンク315円】
写真左(右側):【アイスレモネード:315円】

他にも、いろいろと美味しそうなメニューがあります。

※完全禁煙なので注意して下さいね。

住所:横浜市中区山下町149 【中華街大通り】
営業時間(売店):11:00~21:30
営業時間(イートイン):12時~20時
定休日:無休
電話番号:045-228-0208
URL:【菜香】【チャイナタウン(菜香)】

| | コメント (0)

広東料理 梅林閣

お昼に、『萬来亭』でお腹一杯に食べ、午後8時の時点でもお腹が空かないという状況。
予定では、夕食も中華街で摂るつもりでいたのだが、「夕食はどうしようか?量は少なくてもいいよね?どこにする?」と主人と話しながら中華街大通りを歩いていた。

と、一人のお姉さんが、チラシを差し出しながら、片言の日本語で話しかけてくる。
話しを聞くと、「1階のクーラー壊れて、今日は、お客さん、2階で食事してる。だから、一階は誰も居ない。お客さん、みんな店やってないと思って、来ない。お店の前通るけど、お客さん誰も居ないから、やってないと思って、帰ってしまう。今、このチラシメニュー、2割引なってる。どうですか?」とのこと。

チラシをマジマジと見てみると『梅林閣』とある。
2004年7月にオープンし、市場通りにある『梅蘭』の姉妹店。
行ってみたいと思っていたが、情報が少なく、高そうなイメージがあったのだ。
だが、ワタクシの興味をそそる3文字が目に飛び込んでくる。

「あら、2割引なの?コース料理は難しいけど、お腹に入る分だけオーダーするのも良いかもね」と、主人と話し合い、このお店に決定。

お姉さんが、「お店まで案内します。こっちです」と案内してくれる。
中華街大通りから中山路通りに入ると、すぐ左側にお店はありました。

Image123 Image124

お店の電気は点いていて、店頭にもメニュー看板が出ているので、営業中とわかるのだが、店外から中の様子を窺うと、広い1階のフロアは閑散としていて「・・・確かに、この光景をみたら、お客さん入りづらいかも」という状態だった。
だが、2階のフロアに入ってみると、数組のお客さんが居たのでホッとした。

お店まで案内してくれたお姉さんも、中に居た店員さんも、笑顔で、とても丁寧に接客をしてくれる。

Image113 Image114

写真左:五目野菜のオイスターソース炒め1050円→2割引840円
具材は、ニンジン・モヤシ・ニラ・玉ネギ・干しシイタケ・タケノコ・キャベツ。
シャキシャキの炒め加減の野菜に、オイスターソースのコクと、干しシイタケの戻し汁が加わり、絶妙の風味を醸し出している。

写真右:梅林閣チャーハン950円
具材は、ライス・タマゴ・ネギ・レタス・チャーシュー・サケ。
パラッパラに炒められたライスに、レタスのシャキシャキ感が加わり、小気味良い食感。具のチャーシューとサケの風味が口中に広がり、味の変化が楽しめる。

Image115 Image116

写真左:水餃子630円→2割引504円
少し小ぶりの水餃子。
表面はツルンとしていて、モチっとした食感。強力粉と薄力粉1:1の割合だろうか。
ひき肉の他に、ニンニクとニラが入っている。ニンニクの香りが強いのに、食後に臭いが気にならないのは、無臭ニンニクを使用しているからみたいだ。

写真右:杏仁豆腐300円
丁度良い甘さのシロップに、ツルンとした喉越しとプルンとした弾力のある杏仁豆腐の風味が合わさり、オイシイ。

お腹が準備万端であれば、もっと他の料理を食べたいくらいだった。
なんでも、こちらのお店は、香港の高級ホテルでチーフを務めていた料理人が、腕をふるうお店とのこと。
次回来る時は、コース料理を頼んでみようかなぁ。

そういえば、こちらのお店のコースメニューは6コースあります。
中でも、お店のオススメは、

★料理長おすすめ飲茶点心セット(2名様より):お一人様1980円
・若鶏の醤油煮(冷菜)
・春巻
・揚げワンタン
・シューマイ
・小龍包
・大根もち
・季節野菜のオイスターソースかけ
・鶏おかゆ(またはチャーハン)
・スープワンタン
・杏仁豆腐

★梅林閣おすすめ飲み放題(5名様より2時間):お一人様4500円
※飲み放題ドリンク(生ビール・紹興酒・日本酒・焼酎・ウイスキー・ウーロン茶・ジュース・コーラ)
※8名様以上は麻婆豆腐をサービス
・三種冷菜の盛り合わせ
・三種細切りフカヒレスープ
・鶏の唐揚げ
・芝エビのチリソース煮
・飲茶点心2品(シューマイ・小龍包)
・季節野菜としいたけ炒め
・五目チャーハン(または五目焼そば)
・デザート
みたいです。

写真の撮り方を失敗してしまい、見難いかもしれませんが、一応アップしておきます。
Image117 Image118 Image119

Image120 Image121 Image122

単品メニューは、
・三種冷菜の盛り合わせ1680円
・芝エビのチリソース煮1680円
・鶏の黒豆みそ炒め1470円
・トリそば700円
・中華サラダ850円
・蒸し鶏の特製ネギしょうがソースかけ1200円
・牛肉のオイスターソース炒め1680円
・サンマーメン680円
・季節野菜の甘酢漬700円
など、他にも多数あります。

情報は少ないですが、オススメできるお店です。

住所:横浜市中区山下町146-2(中華街大通りから中山路通りに入る)
電話番号:045-662-3698
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

中国家庭料理 山東

今日は、山形から弟が所用で横浜に来ていたので、15時頃に合流。
遅めの昼食になってしまったが、かねてからの約束通り、『山東』で食事をすることにした。

『山東』は、横浜中華街の大通りから脇道(『楼蘭』の向かいの脇道)に入った所にあります。横浜中華街の中で、山東省料理を出しているのはこのお店だけ。
数多くあるメニューの中でも、水餃子が有名で、看板メニューにもなっています。
どのメニューもリーズナブルで美味しいので、中華街での食事は『山東』に行くことが多いです。

Image086_1 Image085

写真左:水餃子(10個)735円
写真右:麻婆豆腐1050円

水餃子の皮は厚く、モチモチした食感で、一口かじると、中から肉汁がジュワ~と出てきます。
具はニラと挽肉だけ。そのまま食べても、しっかりと味はついています。
初めて食べた時に驚いたのが、秘伝のタレ!なんと、ココナッツが入っているのだ。
他に八角・ネギ・ショウガ・ニンニク・醤油・ラー油etc・・・(私の舌ではこれが限界。わかる方、教えて下さい)が入っていて、甘辛いのに風味豊かで、クセになる味わい。
1皿に10個ついてくるのだが、大きくてボリュームがあるのに安いので、オススメです!

麻婆豆腐は、ほとんど辛くないので、お子さんでも大丈夫だと思います。香辛料はしっかりと使っているので風味良く、塩分量も丁度良いので、そのまま食べても大丈夫。
メニューに、ライスが無いのは残念・・・。

Image082 Image084_1

写真左:酢豚1575円
写真右:五目焼きそば840円

酢豚は、肉のクサミもなく、甘酢餡が絶妙でウマイ!しかも、パイナップルは缶詰ではなく、生のパイナップルを使用している!

五目焼きそばは、来るたびにオーダーしてしまうほどのお気に入り。麺の食感も良く、野菜餡かけが油っこくなくアッサリめで美味しいのです。

遅めの昼食だったので、いつもは二人で食べる量を3人で食べましたが、弟も気に入ってくれたみたいで、ビールがすすんでいました。

住所:神奈川県横浜市中区山下町150
電話番号:045(212)1198
営業時間:11:30~翌2:00
定休日:無休

| | コメント (2)

2007年1月27日 (土)

横浜中華街 大珍楼(新館)

横浜中華街にある『大珍楼(新館)』の食べ放題ディナーに行ってきました。

いつものお気に入りのお店は、ものすごい行列で・・・残念ながら断念。

さて、どうしようかと悩んでいたら、”大珍楼60周年記念感謝祭開催中”のチラシを発見。

「そういえば大珍楼の食べ放題、美味しかったよね~」と昔の記憶を探り、決定!

店内に入ると、待合室にすごい人!順番を待っている間も、次から次へとお客さんが来る。

席に案内され、周囲の様子を見ていると、小さなお子さん連れも多いので、子供用の椅子やフォーク・スプーンの用意がしてありました。

ある1グループのお子さんが、料理を床にこぼしたり、スプーンとフォークを床に投げつけたり、料理の入った皿を床に投げつけて割ったりして酷い状況でしたが、ホール係りの方は、にこやかに対応していました。

ここの食べ放題は、1グループ2時間制。

オーダー式なので、希望メニューのナンバーを伝えて注文。

アルコール・ソフトドリンク・中国茶は別料金。

冷水・温かいお茶はセルフサービス。

Image040_1 Image041_1 Image05000

左:【3156】クラゲの冷菜

中央:【3160】炭焼きチャーシュー

右:【3204】干し貝柱入りフカヒレ

Image038 Image044 Image048

左:【3101】芝えびの蒸し餃子

中央:【3109】干し貝柱入りニラ蒸し餃子

右:【3121】エビ入り蒸しクレープ

Image039_1 Image042 Image047

左:【3102】蟹卵のせエビ豚肉シューマイ

中央:【3131】エビの揚げ餃子サラダ風味

右:【3126】エビの紙包み揚げ

Image043 Image045 Image049

左:【3256】芝エビと卵の炒め

中央:【3248】芝エビのマヨネーズあえ

右:【3363】マーボーナス

Image046 Image050 Image051

左:【3258】コバシラのチリソース 

中央:【3092】ザーサイ

右:【3391】五目チャーハン

Image052 Image053

左:【3428】マンゴープリン

右:【3430】杏仁豆腐

美味しかったのですが、チャーハンだけが・・・冷めきった状態で出てきた。う~む、冷たいチャーハンは味が落ちる・・・。前回食べた時は、出来たてで、とっても美味しかったのに~っ、残念!

上手に注文しないと、こうゆう事もあるんですね。

でも、チャーハン以外は美味しくいただけたので満足でした。

結局、主人と二人で17種類、残さず、お腹いっぱい食べました~♪

| | コメント (0)

横浜中華街 翠香園(菓子部)①

横浜中華街の市場通りにある『翠香園(菓子部)』に立ち寄ってみました。

情報によると、こちらのお店は、70年以上の歴史を誇る中華菓子・中華まんの老舗。生地や餡子もすべて自家製にこだわり、出来立てをすぐに販売しているとのこと。

テレビでも紹介され、焼きあがるとすぐに売切れてしまうという大人気の「椰達(イエター)ココナッツカスタードパイ 160円」が目当てでしたが、残念ながら売り切れでした。でも、美味しそうな中華菓子がショーケースの中に並んでいました。悩みながらも5種類をチョイス。

Dscf0065 Dscf0067

写真左:魚雲酥(イーワンソー)1個130円

パイ地と黒あんが層に。雲を思い浮かべる形になっているとのこと。

白いパイ生地の中に黒ゴマが練りこまれた餡が入っているお菓子。例えるなら・・・黒ゴマ餡のミルフィーユかな?サクッとして中のゴマ餡とパイの歯ざわりがよく美味しい。

写真右:鬆沙酥(ソンサーソウ)1個110円

サクッとしたクッキー生地の中にココナッツロングが多く入っている。風味良く美味しいのだが、翌日に食べるとかたくて歯がたたない。歯の悪い方は注意(当日中なら大丈夫)。

Dscf0070_1 Dscf0073

写真左:玉帯糕(ギョクタイコウ)1個140円

総理大臣賞受賞の他にも様々な賞を受賞した神奈川県指定銘菓。

サクサクの生地にクルミ・白ゴマ・アーモンド・すいかの種・ピーナッツがたっぷりサンドしてある焼き菓子。一見くどそうな感じがするが、食べてみると甘みが抑えられていてペロリと食べられる。ナッツのツブツブした食感がやみつきになりそう。

写真右:馬拉糕(マーライコー)2切れ320円

中華風蒸しパン?中華風カステラ?情報では、水を一切加えず、エバーミルクと卵などだけで作っているとのこと。

食べてみると、卵の風味がタップリ感じられる。しっとり・プワプワ・モチモチしていて、ほんのりと甘い(三温糖の甘み?)。見た目よりも、ずっしりとした重みがある。

Dscf0075

油炸煎堆(チントイ)(揚げゴマだんご)1個100円。

情報によると、中華街初の油炸煎堆(チントイ)は、低温の油でじっくりと揚げ、フワッと仕上げているとのこと。

中に黒ゴマ餡が入っていて、コクがあって美味しい。当日に食べたほうが美味しい。翌日に食べると、表面に油が出てしまい、風味が落ちてしまう。

次回こそは、ココナッツカスタードパイをゲットするぞ~!

| | コメント (0)

横浜中華街 四五六菜館(土産館)

市場通りを歩いていると、軽快な音楽が流れてくる。

「何だろう?」と立ち止まると、『四五六菜館(土産館)』の「四五六チャーシュ~♪・四五六シュウマイ~♪」と土産商品を宣伝する音楽でした。

「創業以来人気のチャーシューです。毎朝お店で焼き上げています」と中から店員さんが出てきて、試食をすすめてくれた。

一口食べると、うん、ジューシーで口中に肉の旨味がひろがります。

主人と二人で、「美味しいねぇ~」と感想をもらすと、「そのまま夕飯のおかずでも良いし、お酒のオツマミにも合います。チャーハンに入れてもオイシイですよ」とのこと。

自宅に帰ってから、お酒のオツマミでいただきました。美味しいですよ~。

Dscf0082 Dscf0087_2

四五六菜館特製自家製チャーシュー1本:1575円

| | コメント (0)